CERAMO POWER 次世代環境ステージへ、画期的な燃費向上アドバンテージ。

会社概要

株式会社セラモ 会社概要
代表取締役社長 小山 基成
千葉オフィス 〒260-0813
千葉県千葉市中央区生実町2468-6
TEL:043-376-9214
九州工場 〒805-0061
福岡県北九州市八幡東区西本町1-16-26
(大新製作所内併設)
西日本支社
〒733-0876
広島県広島市西区高須台1丁目15-3
西日本支社 公式Facebook
■販売提携
正規販売代理店
〒321-0063
神奈川県横浜市中区花咲町3-96-21
リモビジョン・ジャパン株式会社
TEL:045-344-7699
海外

Exclusive Agent In BANGLADESH

PEACE CORPORATION LTD
kita-ku,Higashi Jujo 4-5-13-201
Tokyo114-0001, JAPAN
Tel & FAX: +81-3-5390-0827
Cell: +81-90-6104-6719
E-mail: peacecorp09@hotmail.com
Skype : peace20112

-----------------------------------------------------

Bangladesh office

PEACE CORPORATION LTD

R#25/A,H#71, DHANMONDI,
DHAKA
Cell: +88-01552864561

English Site: http://www.sintechno.com/ceramo.htm
設立 1993年7月
資本金 1,000万円
取引銀行 みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行
ホームページ http://www.ceramo.com
お問合せ先 tech@ceramo.com
ご挨拶

代表取締役
小山基成

【経済】と【環境】の課題解決へ

つい数年前まで、自動車から出る排気ガスは大きな社会問題でした。
現在、街中で真っ黒なガスを排出しながら走っている自動車を見ることはずいぶんと少なくなりました。国や自治体の環境規制の取り組み、あるいは自動車メーカーの技術革新によって交通公害は確かに減少傾向にあります。
ただ、有害な排気ガスが無くなったわけではありませんし、地球温暖化や限りある化石燃料の代替エネルギー開発の遅延など、まだまだ未解決の問題が山積みです。
これまで【経済】が拡大する過程で、【環境】への配慮はあまりされておりませんでした。世界経済における自動車産業全体はとても大きな存在で、社会にはなくてはならない産業でしょう。
しかし、いくら経済効果が大きくても人体のみならず自然環境に有害なものは極力排出すべきではありません。
私たち人類は自然環境から多大な恩恵を受けています。経済優先で環境破壊を続けていくと、そのつけは必ず私たち、あるいは私たちの子孫に返ってきます。
人々が生活する以上、【経済】は無視できません。しかし【環境】も無視することはできません。
【経済】と【環境】が織り成すこのような矛盾を解決する方法はないのか、またその解決策の提示を会社の事業としてやっていくことはできないのか。株式会社セラモは、この課題に取り組んでまいりました。
「社会利益を追求できる会社こそ、社会に対する存在意義がある」という理念に基づき、研究・開発・実証試験を行なってまいります。

「環境にやさしい車社会の実現」
株式会社セラモが、これまでの活動から導き出したコンセプトテーマです。
われわれの子孫のために、未来の地球のために、ひとりひとりができることから始めましょう。

 

特許について

発明の名称 「燃焼促進装置」(特許第3582709号)
【発明の目的】【0005】(特許から抜粋)

この発明は、燃焼装置の燃焼効率を高めて、排ガス中の窒素酸化物、一酸化炭素、炭化水素などの有害物質の含有量を低減することができるとともに、燃焼装置の長寿命化を図ることができる燃焼促進装置を提供することを、その目的としている。
また、この発明は、燃焼装置が内燃機関の場合には、燃費の向上、出力の増大を図ることができる燃焼促進装置を提供することを、その目的としている。

この特許は、エンジンの燃焼促進装置として、排ガスの削減、燃費の向上、長寿命化の効果が推認された「発明の属する技術分野」において唯一の特許です。

実証試験の紹介 2013~2014年
セラモパワー装着ムービーはこちら  詳しい試験結果はこちら